イチオシのスターあつめました STAR

Vizrt TriCaster 2 Elite 2S バンドル
  • Vizrt TriCaster 2 Elite 2S バンドル
  • Vizrt TriCaster 2 Elite 2S バンドル

Vizrt TriCaster 2 Elite 2S バンドル

Vizrt
お取り寄せ

8,844,000(税込)

型番:

TriCaster 2 Elite 2Sバンドル+初年度センドバック保守バンドル構成:TriCaster Elite 2 3RU、 2Stripe CP、初年度センドバック保守
シェアする
twitter
Facebook
LINE

各機能のご紹介

TriCaster TC1 R3 システム(2RU/単一電源モデル)と14ボタンコントロールパネルのセット


TriCaster TC1は、TriCasterシリーズとして初めて4K UHDをサポート(*1)したライブ・プロダクションシステムです。
また、TriCaster TC1は、これまでのTriCasterシリーズに搭載されるライブストリーミング、レコーディング、グラフィックス、バーチャルセット、ソーシャルメディアパブリッシングなどといったライブ番組制作には欠かせない様々な機能やワークフローを、プロデューサー目線で更なるブラッシュアップが加えられたTriCasterシリーズの最上位機種となります。

TriCaster TC1は、これまでのTriCasterシリーズの操作性や機能面を損なうことなく、最大4K UHD 60pのフォーマット(*1)に対応した外部16入力チャンネルのライブ・プロダクションシステムです。
また、TriCaster TC1は、NewTek社によって開発されたIP利用における新しいライブビデオ制作ワークフロー支援プロトコルNDIテクノロジーを実装し、さらには、Skype TXテクノロジーを実装したことで、遠隔地から送られてくるSkype通話ビデオチャンネルを、ライブ番組の入力ソースとして追加することも可能となります。

※1. TriCaster TC1に4K UHDの映像ソースを入力するためには、オプションモジュール「NC1 Studio I/O Module」、または、オプションソフトウェア「Connect Pro」を使用して、ネットワーク経由にて割り当てる必要があります。
また、TriCaster TC1の3G-SDI QuadLink より、4K UHDの映像ソースを1系統のみ出力することができます。
 

 

TriCaster TC1の主な機能


■HD、3G、4K UHD 60p でのスイッチングとストリーミング、レコーディング
■機能と柔軟性を最大限に引き出すためにソフトウェアベースでの処理を実現
■様々なカメラに対応し、16外部入力と4M/Eを含むマルチソースのビデオミキシングが可能
■Skype TXを内蔵し、放送レベルのビデオ通話を2チャンネルまで取り込み可能
■ハードウェアの追加なしに、ビデオの再生、リプレイ、編集が可能
■マルチチャンネルISOレコーディング機能により、フル解像度でQuickTimeやH.264の収録が可能
■2チャンネル同時ライブストリーミング配信に対応
■Facebook、LinkedIn、Twitter、YouTubeなどのソーシャルメディアに対応
■自動実行機能やマクロコマンドの利用と多くのコントロールオプションを搭載
■複数のオーディオコントロールとオーディオルーティング機能
■タイトル機能やトランジション、クロマキー合成、ライブバーチャルセットを搭載

 

TriCaster TC1 機能概要

■4K Ultra HD対応
驚くほどの鮮明さと高精細画質によって、視聴者に実際そこにいるような体験を与えます。
テレビ番組、コンサート、イベント、ライブ・スポーツといった映像コンテンツを、毎秒60フレームのネイティブ2160pビデオの4K UHDにて製作することができます。
TriCaster TC1は、4K UHDをサポートする他の製品とは異なり、フレームレートや入力数を損なうことなく、4K UHDによるスイッチング、ストリーミング配信、レコーディングを提供します。

■内蔵ビデオサーバー



TriCaster TC1はレスポンスの良い操作性を提供する2基のビデオサーバーが標準搭載されています。
プレイリスト上に並べた複数のクリップを自動的に順番に再生させたり、スイッチャーでプログラムアウトに出力すると自動的にクリップを再生させるオートプレイ機能、収録中の映像をハイライトシーンとして簡易編集してライブ中でも即座にリプレイする機能、複数のクリップをあらかじめグループ化して即座にライブ用コンテンツとして読み込むプリセット機能、更には、数百種類のトランジションやエフェクト効果など、ユーザーにストレスを感じさせることなく様々な演出を支援してくれます。

■最大36チャンネルのビデオミキシング



TriCaster TC1は、4チャンネルの3G-SDI/HD-SDI入力と、これら4チャンネルを含めてIP接続による外部16チャンネルの映像・音声入力のスイッチング、加えて、2チャンネルのディスクレコーダー、2チャンネルのグラフィックス、15チャンネルのビデオバッファー(アニメーションx10、静止画x5)、ブラックバースト信号といった最大36チャンネルのビデオソースをミキシングさせ、プロフェッショナルな演出を簡単に作り出すことができます。

■放送品質のSkypeビデオ(2チャンネル)



TriCaster TC1は、世界で唯一Skype TXソフトウェアからの入力をインテグレーションしたライブプロダクションシステムです。
世界のどこからでもビデオ通話を可能とするスタジオ仕様のSkype TXを利用することで、現場に高価な中継システムが無い環境においても、遠隔地からのレポート、スタジオから現場へのインタビューなどといった演出を放送品質でリアルタイムに取り込むことを可能とします。

■マルチレコーディングとリプレイ機能



TriCaster TC1は、TriCasterに入力されるそれぞれのカメラチャンネルやIPを介して入力されるソースチャンネル、または、TriCasterから出力される複数のチャンネルを、QuickTimeまたはH264ファイル形式のフル解像度の映像として収録することができます。
コンテンツのバックアップ目的によるマスター映像から、ポスプロ編集用途として使用される様々なカメラアングルからの生素材まで、ユーザーのニーズに応じて様々な素材を同時に収録することができます。
また、収録した素材を、リアルタイムにすぐさま再生させることもできます。

■2チャンネル対応のライブストリーミング配信/SNS機能



TriCasterのSTREAMインターフェイスから、Facebook Live、Microsoft Azure、Periscope、Twitch、YouTube LiveなどといったCDNを選択するだけで簡単にライブストリーミング配信を可能とします。
2つのストリーミングエンコーダーを搭載するTriCaster TC1は、プラットフォームを特定したコンテンツ配信のみならず、新たなスポンサーシップの獲得による収益機会を広げる役割も果たします。

TriCaster TC1は、Facebook、Imgur、LinkedIn、Twitter、Vimeo、YouTubeなどのソーシャルメディアアカウント上に、直接画像や動画をアップロードして、リアルタイムのアップデートやオンデマンドコンテンツを共有させることができます。
さらに、TriCaster TC1に搭載される'DataLink'機能を利用して、SNSからのコメントや写真などをリアルタイムにオーバーレイ表示させるといったことも可能です。

■オーディオミキサーとルーター



TriCaster TC1は、デジタル、アナログおよびネットワークオーディオのサポート、また、DSP、フェーダー、VUメーター、トークバック機能といったソフトウェアベースのオーディオミキサー、更に4つのオーディオミックス出力用4x4x4チャンネルルーティング機能などユーザーの生産性を向上する包括的なオーディオ機能を実装しています。

■オートメーション機能



TriCaster TC1に搭載される「マクロ オートメーションシステム」を使用することで、カメラのスイッチングから、テロップやロゴの表示、DDRやバーチャルセットへの切り替えなどオペレーションの一連の流れを独自のカスタムコマンドシーケンスとして登録することができます。
これら登録したコマンドは、編集することも可能で、任意のキーボードのキーやTriCasterのコントロールパネル、更には外部コントロールデバイスに割り当てることでオペレーションの自動化を図り、ユーザーの作業効率と生産性を新しいレベルに引き上げてくれます。

■クリエイティブな発想を引き出すツール群
TriCaster TC1は、スクリーンをキャンバスと見立てて、ユーザーのアーティスティックな潜在能力を解放させる様々なツールが用意されています。
マルチバスM/E(ミックスエフェクト)、ゼロレイテンシーのビデオリエントリー、リアルタイム・アニメーションタイトル、データ制御可能なテロッパー、カスタマイズ可能なアニメーショントランジション、フルモーションをサポートする合成エンジンなどといった様々なツールにて、ユーザーの想像力を無限に広げる支援をします。

■リアルタイムマルチビューワー



TriCaster TC1は、オペレーション用のスクリーンを単一表示であろうと、マルチ表示であろうと自由自在に変更することができます。
TriCaster TC1は3画面モニターをサポートし、それら各モニターはモニターウインドウの拡大縮小、インターフェースのレイアウト変更、時計や測定器の表示など、オペレーターの要望やスタジオや現場の環境に応じて、簡単且つ柔軟にカスタマイズすることができます。

■スタジオ品質のビデオツール
色補正、3次元ポジション、スムースエッジによるクロップといったツールにてコンテンツを完璧なものに仕上げます。
また、ピクチャーインピクチャーのボーダー(枠)の変更、フィルとキー(アルファチャンネル)機能のサポートにより背景に別の映像やテキストの合成機能、更には、フリップのような板にライブ映像をリアルタイムマッピングさせるモーショントラッキング機能も搭載されています。

■ライブ・クロマキー合成



NewTekのパワフルなLiveMatteテクノロジーにより開発されたクロマキー合成機能は、グリーンバックを使った映像とは思わせないほど鮮明かつ綺麗なリアルタイム・キーイングを提供します。
このクロマキー合成機能は、すべての入力チャンネルとM/Eバスに対して設定することができます。
また、TriCaster TC1には、ライブ映像、グラフィックス、バーチャルセットを駆使した合成映像を作り出すために、カスタマイズ可能な40種類のキーヤーが用意されています。

■ワールドクラスのライブバーチャルセット
TriCaster TC1に標準搭載されるバーチャルセットを利用することで、スタジオセットの製作費を大幅にセーブしながらも、番組演出の見栄えを大きく向上させることができます。
TriCaster TC1に搭載されるLiveSetテクノロジーは、プロがデザインしたバーチャルスタジオ、マルチアングル、バーチャルスタジオ内で自由に操れるバーチャルカメラ、リアルタイムに表現可能な反射、鏡面ハイライト、レンズフレア、さらには、仮想世界に現実世界を拡張させる「拡張現実機能」も提供します。
TriCaster TC1には、標準で40種類以上のバーチャルセットが用意されています。
これらバーチャルセットは、別売ソフトウェア「Virtual Set Editor」で変更したり、さらには独自のバーチャルセットを作成することも可能です。

■相互接続を可能とするIPワークフロー



NewTekが提供するNDI(Network Device Interface)テクノロジーをネイティブにサポートするTriCaster TC1は、数多くのメーカーやデベロッパーにより開発されたNDI互換製品とネットワークを介して、シームレスにIP接続することを可能とし、NDI対応のシステムとの相互間における映像・音声ソースの共有を可能にします。

■コネクション ソリューション



TriCaster TC1に、NewTekが提供するコネクションソリューション「NewTek Connect」オプションを組み合わせることで、ビデオ制作に携わる誰もが常に求めてきたマルチソース、マルチシステム、マルチサイトによるビデオプロダクションを現実のものへと導きます。
「NewTek Connect」オプションは、ユーザーのニーズに合わせて、テクノロジーの共有、異なるロケーション間の接続、さらには機能面における追加といったワークフロー全体をカスタマイズを可能とします。

商品紹介動画



仕様

ビデオ入力 最大32系統の外部映像ソースの同時入力に対応。
UHD60fps(2160p 59.94)までのあらゆる解像度、映像ソースとの互換性、組み合わせをサポート
ネットワークビデオ入力 NDIを利用し、最大32系統のIPビデオ入力に対応。フィルとキー信号をサポート
SDIビデオ入力¹ 8 系統の 3G/HD/SD-SDI 接続のビデオ入力をサポート。フォーマット、解像度、フレームレートはどの組み合わせでも利用可能 2
1080p : 59.94, 50, 29.97, 25
1080i : 59.94, 50
720p : 59.94, 29.97, 25
576i 50
480i 59.94
PTZ 最大32台のパン-ティルト-ズーム(PTZ)ロボットカメラの同時接続をサポート。
RS232 や RS422、IP 経由などのシリアルまたはネットワークプロトコルを利用したコントロールとプリセット設定が可能
電話会議 Live Call Connect 機能を使用したソフトウェア統合により Microsoft Skype™ / Microsoft Teams™ / Zoom Meetings™ / GoToMeeting™ / Discord™ / Tencent™ から複数の同時ビデオ通話入力をサポート
ビデオ出力 最大8系統のHDまたは2系統のUHDビデオミックス出力を設定可能。
SDIとIPからも同時出力可能
ネットワークビデオ出力 NDI経由で48系統のIP出力(HDおよびSDミッションのみ)
  • 最大 1080p 60fps (1080p 59.94) までのビデオミックス出力 × 8 系統、または最大 UHD 60fps (2160p 59.94) までのビデオミックス出力 × 2 系統
  • ローカル SDI 入力から変換した NDI 経由の IP ソース出力 × 8 系統、または最大 UHD 60fps (2160p 59.94) までのアップコンバートした出力 × 2 系統
  • NDI 経由のアルファチャンネル対応メディアプレイヤー出力 × 4 系統
  • NDI 経由のアルファチャンネル対応バッファ出力 × 15 系統
  • マルチビューワ出力 × 3 系統 (モニターが 3 台接続されている場合)。2 系統の 4K マルチビューワ出力と 1 系統の HD をサポート
  • マルチビューワ用ユーザーインターフェース × 1 系統
  • テレプロンプター出力 × 1 系統 (LiveStory™ Creator)
  • NDI 経由の IP 内部ルーター出力 × 8 系統
SDIビデオ出力 8系統の3G/HD/SD接続は、以下の設定が可能
  • 8 系統の独立した 3G/HD/SD ビデオミックス出力 3
  • または、3G-SDI クアッドリンク接続で 2 系統の最大 UHD 60fps (2160p 59.94) ビデオミックス出力
  • 3 使用可能なフレームレートは、セッションビデオ規格 (NTSCまたはPAL) によって異なります。
ストリーム出力 2系統のストリーミング出力を個別の解像度にて出力可能。
また同時ストリーム収録も可能。SRTストリーミングが可能になりました。
マルチビューワ出力 一般的なディスプレイ解像度で4系統のマルチビューワ出力が可能。
4K対応のDisplayPort出力×2系統
  • HDMI 出力 × 1 系統
  • DisplayPort 出力 × 3 系統
Mix/Effectバス(M/E)
  • リエントリー可能な M/E バス × 8 系統
    • M/E バス毎に 4 ソースまでのチャンネル設定が可能 × 1 系統
    • 各バス毎のキーレイヤー × 4 系統
    • 各バス毎のメモリースロット × 9 系統
  • PREVIZ 設定とプレビューバス × 1 系統
DSK(ダウンストリームキー) DSKチャンネル×4系統
メディア
  • メディアプレーヤー × 合計 5 系統
    • DDR (デジタルディスクレコーダー) × 4 系統
    • Sound (サウンド) × 1 系統
  • メディアバッファ × 合計 15 個
    • アニメーションバッファ × 10 個
    • グラフィックバッファ × 5 個
キーヤー すべてのソースとM/EバスにLiveMatte™ クロマ/ルマキーテクノロジーサポート
  • 入力キーヤー × 32 系統
  • メディアプレイヤー用キーヤー × 4 系統
  • M/E 用キーヤー × 8 系統
  • PREVIZ 用キーヤー × 1 系統
  • バッファレイヤー × 15 系統
COMPs (合成) ビデオ合成用 (COMPs) エンジンがスイッチャーと各 M/E バスに搭載。レイヤー設定、作成、保存、さらに DVE スタイルのモーションシーケンスが可能
  • 各バス毎に設定可能なCOMP プリセット × 16 個
バーチャルセット LiveSet™ テクノロジーによる 30 種類以上のバーチャルセットグループやボックスエフェクトを標準搭載
Datalink DataLink™ テクノロジーにより、システム内部、もしくは外部からの入力データをリアルタイム、且つ自動的に反映可能。Web ページやスプレッドシート、スコアボード、データベース、RSS フィード、XML ファイル、CSV、ASCII コードなどのデータを利用可能
マクロ ユーザーが設定した操作手順を記録、保存、編集して自動コマンド化
  • 設定したマクロを、コントロールパネル、キーボードキー、さらには、ホットスポット、MIDI、X-keys® ボタン、GPI トリガーへ割り当て可能
  • 音声、メディア再生、タリーや任意のスイッチャーアクションなど、イベント情報や状態の変更を含めることも可能
  • ウェブベースのインターフェースからのコントロールもサポート
レコーディング 最大32系統のビデオチャンネルを収録可能
  • 設定可能な M/E チャンネル HD × 8 系統 または UHD × 2 系統
  • SDI からのベースバンド入力 × 8 系統
  • DDR (デジタルディスクレコーダー) × 4系統
  • ストリーミングエンコーダー × 2 系統
  • DDR から再生されているファイルもサポート
  • 各入力にインスタントリプレイ機能を搭載
  • 合計 32 系統の入力を設定可能
ストレージ 4TB メディアストレージ (4 台の 1TB SSD 内蔵ドライブをストライピング)
  • 記録時間は、保存するフォーマットや解像度などファイルの仕様に依存
  • USB 3.2 type A × 7、USB 3.2 type C × 1、USB 2.0 2 (Gen2、Type A) × 1 接続で外部ドライブへの記録をサポート
  • サードパーティ製の共有ストレージソリューションが利用可能
グラブ ビデオソースや出力信号から、フル解像度、デインターレースさえた静止画像の取り込みが可能
エクスポート ソーシャルメディア、FTP、ローカルや外部ボリューム、ネットワークサーバーへビデオやファイルをエクスポート可能、トランスコードオプションあり
オーディオ
  • 16 チャンネルのオーディオパススルー
  • 8 チャンネルオーディオに対応したマルチチャンネルオーディオミキサー、デジタルシグナルプロセッサ (DSP) と 4 × 8 × 8 オーディオ入力ルーティング機能
ローカルオーディオ入力
  • SDI エンベデッド × 8 系統
  • バランス XLR ステレオペア (ラインレベル) × 1 系統
  • バランス 1/4” ステレオペア (ラインレベル) × 3 系統
ローカルオーディオ出力
  • SDI エンベデッド × 8 系統
  • バランス XLR ステレオペア × 1 系統
  • バランス 1/4” ステレオペア × 1 系統
  • バランス 1/4” ステレオ (フォン) × 1 系統
ネットワークオーディオ
  • NDI 経由でのネットワークオーディオの入出力を標準サポート
  • NDI 入出力のビデオ信号にオーディオのエンベデッドが可能
  • Audinate® 社の Dante™ ネットワークプロトコルをサポート 5
  • WDM オーディオドライバ互換の AES67 をサポート6
  • 5 Dante を利用の場合、Audinate 社の Dante バーチャルサウンドカードのライセンスが必要
  • 6 AES67 を利用の場合、サードパーティ製のバーチャルサウンドカードのライセンスが必要
再生メディアフォーマット マルチメディアファイルのインポートと保存、再生が可能。トランスコーダー付属
  • ビデオ: AVI, DV, DVCPro, DVCProHD, FLV, F4V, H.263, H.264, MOV, MKV, MJPEG, MPEG,
  • MP4, WMV, WebM, 他
  • 画像: PSD, PNG, TGA, BMP, JPEG, JPEG-XR, JPEG2000, EXR, RAW, TIF, WebP, 他
  • オーディオ: AIFF, MP3, WAV, 他
モニタリング 4台までのマルチビューワディスプレイに対し、ワークスペースやビューポートの設定が可能。2台の4Kマルチビューワに対応。その場合、残りの2台はHDのマルチビューワ
信号のモニタリング 内蔵された波形モニターやベクトルスコープは、ITU-R Rec.709をサポートし、デジタルのキャリブレーションやカラープレビューがフルフィールドレートで表示可能
プロセシング
  • ビデオ : フローティングポイント YCbCr +A 4:4:4:4
  • オーディオ : フローティングポイント 96kHz
スルーアウトレイテンシ
  • ~1.5-2.5 フレーム
映像・音声
  • UHD ビデオ : SMPTE 2036 準拠 (UHDTV1 スクエアディビジョンを使用)
  • 3G-SDI ビデオ : SMPTE 424M (Level A) 準拠
  • HD-SDI ビデオ : SMPTE 292M 準拠
  • SD ビデオ : SMPTE 259M、ITU-R BT.656 準拠
  • アナログオーディオレベル : SMPTE RP-155 準拠
タリー ハードウェアのHD15ピンGPIコネクタ、もしくはNDI接続によるタリーサポート
ゲンロック SD (Bi-level) もしくは HD (Tri-level) のリファレンス信号をサポート
GPI JLCooper Electronics eBox GPI インターフェースを利用した GPI 信号をサポート
MIDI サードパーティー製のデバイスで称される一般的なMIDIプロトコルをサポート
システムドライブ 250GB SSD
NIC
  • 10 GbE NIC × 1系統
  • 1 GbE NIC × 1系統
ハードウェア

3RU ラックマウント型筐体、650W 二重化電源、積層型ハードウェア、フェイルセーフソフトウェア

  • サイズ (ラックマウント耳含む) : 48.3×13.34×49.7cm (19.0×5.25×19.57 インチ)
  • 重量:11.91kgs
  • 7 カッパーケーブルまたは光学 SFP が必要です

レビューレビュー

レビューはまだありません

ページトップへ